育児休業

育児休暇と育児休業の違い

『育休』という言葉がありますよね。

育児のために仕事をお休みすることを育休とひとくくりにされますが、
『育児休暇』と『育児休業』とでは大きな違いがあります。


簡単に分けると
・国からお金をもらえるのが『育児休業』⇒公的なものだから法律があるし、申請も必要
・育児のために会社を休む『育児休暇』⇒有休みたいなもの

といった感じでしょうかね。


育児休暇の場合は、『子どもが生まれたんで会社をちょっと休みます!』ってな感じ。
これはもう個人の判断なので、どれだけ休むかはあなた次第というところでしょう。


国の法律ではなく会社の規定に基づくものですから育児休暇中の給与の有無、取得可能かどうかはそれぞれの会社によって異なってきます。単純に有休を育児休暇としちゃえばいいだけの話のような気もします。あとは育児休暇の期間。有休1年とかとれる会社はなかなか無いでしょうから希望する期間を取得できるかどうか、ですね。


んで、育児休業です。

私が取得したのは育児休業の方です。
こちらは国が認めたものですから、企業は断ることの出来ない国の法律です。


私の会社は育児休業期間中は給与は出ませんでした。
ちょっと調べてみたら育児休業中も給与の数%を支給してくれる会社もあるみたい。
なんてすばらしい会社があるもんかと思いますが・・・


通常の場合は最大約1年間(厳密には1歳6カ月)の育児休業が国によって認められていましたから私はそのMAXの1年間を取得しました。
会社からの給与がありませんから、国からの支給で1年間生活するしかありません。


国が定めた法律ですから、失業保険の給付みたいに取得には当然条件があります。


どちらの『育休』を取るにしても、家族、会社との相談・根回しは必要になります。
復帰しなければいけない会社ですから、下手なことは出来ません。金銭的なことも含めてしっかりと検討する必要があるかと思います。

結婚