イクメン

育児休業を1年間取得する=1年間妻と一緒にいること

育児休業を取得し1年間ずっと遊んで暮らしていたわけです。我が家は妻は働いていません。常に妻と一緒にいることになります。

もちろん、四六時中一緒にいるわけではありません。
毎日毎日家族そろって公園に行くわけではないのです。

しかしながら今までの生活からしたら考えられないほどの時間を共有するわけです。
毎日仕事に行っていなかった人が毎日いるわけです。『亭主元気で留守が良い』とまではいかないまでも、普段いない人がいるわけですから、そりゃ奥様にはは今までよりも負担がかかることになるわけですよね。これは思った以上に大変なことのようです。
あんまり自覚はなかったですが・・・

是非是非、事前に奥様と良く話し合っていたほうがいいと思います。


うちは夫婦がとても仲が良いので一緒にいることは苦にならないです。いまだに飽きません。しかし生活のリズムがなくなるわけです。会社へ行かなくていいのですから極論起きなくてもいいのです。最初の頃は妻はその辺が気に入らなかったみたいですね。確か1週間ほどしたころ『何時に起きるか決めましょう!』という話し合いがもたれたような・・・


育児を楽しむのは良いことですが、やり方間違うと奥様の負担が増してしまいます。育児自体が大変なことですから余計な手間を増やさないようにすることはとても大事ですね。

幸いにして私は料理が嫌いではありませんでした。

ですからほとんど一年間、昼ごはんは私が作っていたのではないでしょうかね〜。

公園デビューを果たす頃になるとママ友が出来るワケです。
そうするとほとんど例外なくお互いの家を行き来するようになるのではないでしょうか?

たまたま私の幼馴染のような人が同時期に出産。もともと嫁とも面識があってソコソコ仲が良いし家が近いってのもあって、出産後はハンパなくお互いの家を行き来してました。週2、3ペースですかね。

そんな時に育休中のパパが料理をつくることが出来るのはとても重宝されます。
公園から『もうちょっとで帰りま〜す。今日は●●●ちゃんと●●●ちゃんも一緒です。よろしく』的な電話がかかって来るので料理の腕もだいぶあがりました(笑)

奥様によっては、『四六時中ダンナと一緒にいるなんて無理!』という人は結構いるみたいです。実際にママ友の方々からもそのような意見を多数伺いました。
ですから夫婦間で十分に話し合って下さいね。

大事なことは
・育児休業中は家庭内での自分の仕事を持つ
ということだと思います。

結婚